2011年10月20日

シャネル(CHANEL)の歴史

●1910年 パリのカンボン通り21番地に帽子専門店「シャネル・モード」を開店オープン。

●1914年 リゾート地ドーヴィルに第1号のファッションブティック「ガブリエル・シャネル」を開店。

●1916年 第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。ジャージ素材を取り入れたドレスが話題に♪

●1921年 本店をカンボン通り31番地に移転。調香師のエルネスト・ボーにより、シャネル初の香水「シャネルNo.5」を発売。 ●1922年 さらに香水「シャネル No.22」を発表。

●1925年 「ガーディニア」
●1926年 「ポワ デ ジル」
●1927年 「キュイール デュ リュシー」
●1930年 「シコ モール」「ユンニデ」
●1932年 「ジャスミン」
   続けて発表する。1929年には、「シャネルNo5」が香水で世界一の売上げを達成した。

●1935年 従業員は4,000人に成長し、年に2万8000点もの作品を世界中に発表と、まさにシャネルの黄金時代を迎えた。

●1939年 第二次世界大戦の勃発と同時に、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖。

●1954年 戦後、ついに閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、70歳になっていたガブリエル・シャネルは、オートクチュール・コレクションも復活させた。

●1970年 香水「シャネル No.19」「プール・ムシュー」発表。

●1971年 住居としていたオテル・リッツで、ココが死去。その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。ココのスタイルを守りながら、超一流ブランドとしての再興を果たす。

●2001年 日本最大の売り場面積を誇る東京・表参道店を開店。


  • トップへ戻る⇒シャネル通販帝国
  • ブランド通販帝国
  • posted by myson at 22:45| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • 通販帝国 > ブランド > シャネル
  • ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。